スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
弓道を始めて・・
090202_1159~01

弓道を始めて・・早1年が過ぎました。

子供の頃より武道大好き!で、本当は少林寺拳法を習いたかったワタシ。

しかし、田舎にはそんなことを教えてくれる道場もなく、
ジャッキー・チェンの映画を見ながら、一人腕立てや腹筋などをしたものでした

ワタシと同じぐらいの年代の人は、たいがい香港スターが好きだったと思います。

そして、現在も変わらぬ愛を注いでいるワタシですが・・
近頃は、子供もジャッキーファンとして洗脳しているバカ親です

それがどうして弓道なの??

自分でも不思議ですねぇ。

息もつかせぬアクションと、切れのいい技が大好きで、
映画のアクションシーンでは、本当に息を止めて、目をぎらぎら輝かせて見ていたのですが・・

なぜ弓道?
そのわけは、心と体が知っていたようです。

この一年間、本当に辛かった~~。
毎週弓道に行く日になると、(その前日から)緊張と不安の連続でした。
車に乗って、「え~~い」と気合を入れて、
なおかつ頭の中では上手くいく、というイメージトレーニング、
そして口では「今日は上手くいく、今日は上手くいく」
と繰り返していました。

なんでそんなに緊張するの?
と問われると、それは
「下手だから」

子供と一緒に習っていますが、子供は素直だし身体も柔らかいので、
先生がおっしゃるとおりに「スパーン」と矢を打つことが出来ます。

しかし、大人は違います。

まず、産後2年たって何も運動をしていない身体は、本当に硬い。
腕を挙げるのも、イタタタタ・・・

そして、矢を放てば、下手に力が入っているので、左腕に矢やら弦やらがバンバン当たります。

毎回ひどい内出血

先生に「辞めたいで~~す
と泣き言を何度言ったか・・

でも、辞められない理由があるのです。

それは、「気持ちがいい」から。

型や力の入り加減など、全然なってないのですが、
それでも弓道が終わった後は、すごくすがすがしいのです。

精神を統一して、(すごく難しい。不安や恥ずかしいという思いを脱ぎ去るのは超困難)
息をす~~っと吐いて、下半身に力をぐっと込めて、
肩の力をすっと抜き、背中で切るように・・!

なんて、無心でできると思います~~???

無理ですわ。

しかし、2時間のうち一回でも出来るときがあるんです。

「あれ?放った感じはないのに、矢が飛んでいった
と、自分でもびっくりすることがあるのです。

「それや
と先生はおっしゃるのですが、
「どれや?!」
という感じで、自分では???なのですが・・。

とにかく、この感覚は経験しないとわからないですね。

そんなこんなを一年続け、今は少しだけ「楽しいかも・・」
と思えるようになってきました。

この「腹をすえる」という感覚、日常生活でも役にたちますよ。

子供に弓道を勧めたのも、親として間違ってなかったかな、と思うようになりました。

未来をしょってたつ子供たちよ。

どうか、身体で覚えたこの感覚、生きていく力として身に染ませておくれやす。

090215_0822~02
スポンサーサイト
[2010/04/13 08:49 ] | つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<お知らせ2 | ホーム | お知らせ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://lighthearted2009.blog68.fc2.com/tb.php/57-81a52312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。