スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
ジンジン
本日のタイトル
「ジンジン」とは・・・

姪っ子が、「にんじん」のことを「ジンジン」と言っていましたが、
もちろん、「にんじん」のことではなく
「仁人」のことです。


弓道場に「射とは仁である」

というフレーズののっている、段を取るときに覚えなきゃならない
文言が掲げてあります。


ある時先生が「仁ってなんやと思う」
というお話をしていて、
そういえば、安岡正篤さんの著書の中に、「仁とは」
という文があったな~~
と、そのときは思い出しましたが、
一体どんな意味だったかすっかり忘れていました。

先生は「仁とは人に対して優しくすること。
    最高のやさしさのことだ」
とおっしゃっていました。

へ~~そうなんだ~~

と。

それ以来ずっと「仁」という言葉が引っかかっておりました。



今日の安岡師からの一言メルマガが、その「仁」についてでした。


「仁人と仁術」
というタイトルでした。


要約すると・・・


よく金をくれたり、モノを寄付してくれるような人がいるが、
そんなん仁人には関係ない。
いわんや自分の名誉や商売や成功のために、人にモノを贈るような
やからは、仁人でもなんでもない。


仁人とは、人を生かしてくれる人。
本当に心からその人の徳を以って人間の生を進めてゆく、
高めてゆくというのが仁術である。


さて、おわかりでしょうか???


う~~ん・・・

やっぱり難しい。


ま、わからんけど、わからんなりに
心のどこかに置いといて、
「仁徳」のある人間になりたいな~~~


そんなことを思った朝でした。



今日の練習もビシビシ腕に弦が当たりました。

でも、的にも矢が当たりました~~。

出来た!わかった!
と思ったときはわからなくなった証拠。

出来ないときでも、一度でも出来たことがあるんだから、自分を信じて無心で練習すること。

そしてやっぱり人に優しく。

いたわる気持ちをもって、弓を引く。



そういえば、左手が「夫」右手が「妻」だと弓道では言うみたいです。

弓を引くときは「夫」が先に出なきゃダメです。

ワタシはいつも「妻」が先行してしまいます。

で、先生が一言。

「妻は夫に従ってや~~。家でもそんなんちゃう?!」

は・・おっしゃるとおり



スポンサーサイト
[2010/07/31 18:06 ] | 弓道 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<昨日の仕事場 | ホーム | 伸びるテグスの強度>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://lighthearted2009.blog68.fc2.com/tb.php/89-4a3e14cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。